« Penn's Cave☆ | トップページ | ナイアガラの滝☆〜2日目〜日の出編 »

ナイアガラの滝☆〜1日目〜

「明日からカナダ行く?」

まぁいつものパターンなのですが、旦那様の一言で前日の夜に突然旅行が決まったりします 

日本に帰国する前にナイアガラの滝を見に行きたいと旦那様には話していたので、どんな観光スポットがどこにあるのか、どのくらいの日程で行けばいいのか…そんなことは調べていたのですが…突然すぎる…。

だけど行ってきました!2泊3日のカナダ旅行!!

自宅からカナダまで約450マイル(720km)、およそ7時間半の旅です。

朝3時50分に起床。

パンを焼いていたのでサンドイッチを作り、朝ご飯用のお弁当を作って出かけました。

5時15分、自宅を出発。

なんとあたし運転〜(笑)

さすがにね、720km全部旦那様運転なんて無理なので、とりあえず慣れた道からスタートできる先攻をゲットしてみました(笑)

まだ夜明け前で真っ暗だし、突然大雨が降ってくるし…。

あたし)「後ろのワイパーどれっ?!前のワイパーどうやって早くするのっ?!」

旦那様、気が気じゃなかったことでしょう(笑)

3時間弱運転したところで旦那様と交代。

交代した後すぐに高速道路が閉鎖されていて、ナビを無視して下道を通らなければ行けないところがあったり…交代してくれて良かった…。

途中のレストエリアで朝ご飯を食べ、午後2時くらいにアメリカ滝に到着。

通関(アメリカ→カナダ)が混んでいそうだったので、1日目は夕方ギリギリまでアメリカ側で遊ぶことにしました。

Goat Island の第二駐車場(1日$10)に車を停め、アメリカ滝に向かいます。

Dsc02447

右端の人がわらわらっといるところが「ルナ島」です。

ルナ島から下を見下ろすと…

Dsc02469

黄色いカッパを着た人たちが滝に打たれてます!(笑)

「風の洞窟(Cave of the Winds)」というアトラクションで、アメリカ滝を間近で見ることができます。

あたしたちもこの後体験する予定。

あたし、絶対滝に打たれてきます!
※旦那様はイヤだそうです 

ワクワクするのを抑えつつ、岸壁沿いに西に向かうとそこに現れるのはカナダ滝!

Dsc02480

水しぶきがすごいです。

こんなに近くで見れちゃいます!

Dsc02490

アメリカ側では、アメリカ滝にせよカナダ滝にせよ、流れ落ちる部分だけで滝の全貌は見られません。

その代わりほとんど濡れることなく、滝のかなり近くまで行くことができます。

こんなに大量の水が流れ落ちる瞬間を見れるなんて感動!!

まだまだ見ていたいのはやまやまなのですが、「風の洞窟」も結構な混雑だったので、ここで断念して移動します。

チケットを購入(大人1人$11)し、黄色いカッパ、サンダル、ビニール袋を貰いました。

↓このサンダル、そのまま貰えます。
Dsc03914

靴を履き替え、ビニール袋に荷物入れて参加するようなのですが、あたしたちは一度車に戻り、靴をサンダルに履き替え、必要最低限の荷物で挑むことに!

デジカメ、チケット、小銭等は持参したジップロックで完全防水。
※ジップロックはかなりおすすめです。

列に並び始めたのが午後2時半。

滝の下までのエレベーターに乗れたのはそれから1時間半後の午後4時でした。

Dsc03899

手に持っているのは防水の使い捨てカメラ。

旅行前に Walmart で購入($8.8)しました。

アトラクション乗り場に必ず売られているだろうと思っていたのですが、どこのアトラクションにも「写真撮影(合成写真)」をして、それを販売するといった観光地特有の商売があったため、全く売られていませんでした。

「風の洞窟」、「霧の乙女号」、「ジャーニービハインドザフォール」…いずれもデジカメを持って行くと壊れるほどの水しぶきなので、写真を撮りたい方は防水カメラ必須です。

ちなみに旦那様、過去に乗った「霧の乙女号」でデジカメ1台壊してます 

エレベーターを下りたら、ズボンは膝上までまくり、髪は結んでおきましょう…。

↓右側の滝の下まで進みます(滝を分けている中央の部分がルナ島)。
Dsc03910

デジカメの撮影はここくらいまでが限界。

水しぶきが舞って危険です。

途中、デッキが水浸しになっているところあり、ちょっとした鉄砲水がやってくるところあり、カッパもほとんど意味をなしません(笑)

手すりを掴まらないと登れない階段も結構あります。

とにかく滝に打たれてみたい!

意気込んで近くまで行きますが、ものすごい風と滝の轟音で何も聞こえないし、息もできないし、前も見えない!いつのまにやら旦那様は逃亡してるし〜っ!!

1人でデッキの一番奥まで進み、滝に打たれてみたものの、せっかくだから旦那様と一緒にコレを体験しておきたい!!(超ワガママ!笑)

「こんな体験もう一生できないよ!」と旦那様を説得し、「どうしようかな…」と迷っている旦那様の手を掴んで無理矢理一緒に打たれてきました(笑)

手を繋いでではなく、あたしが旦那様の手を強引に掴んでひっぱるひっぱる!

恨まれるかも…と思いましたが、意外に本人楽しそうでした(笑)

良かった良かった。

それにしてもびしょんびしょん… 

Dsc03918

このナイアガラ旅行で1、2位を争うくらいのオモシロアトラクションでした 

余韻に浸りつつ、さてそろそろ国境を越えようかという頃にはもう午後5時半。

問題の国境越え。

↓通関。

Dsc02495

ビザを持っているので、「パスポート」、「I−94」、「ビザを申請したときの書類」が必要です。

ちょうど空いている時間帯だったのか、ほとんど渋滞もなく、5分で通過できました。

「I−94」はちぎってもらうものだと思っていたのに、次回日本に帰るときにちぎってもらうのだそうです。

これを間違えるとカナダからアメリカに入国する際、かなり面倒だと聞いていたので、何度も何度も確認しました。

2泊したホテルはヒルトンのフォールズビューの部屋。

27階でアメリカ滝もカナダ滝もバッチリ見えます。

↓アメリカ滝。
Dsc02508

↓カナダ滝。
Dsc02499

Dsc02834

お風呂はジャクジーで、お風呂に入りながら滝が見える…

Dsc02500

と思いきや!立ち上がらないと湯船からは見えませんでした(笑)

「風の洞窟」でビショビショになってしまったついでに、「ジャーニービハインドザフォール」でまたビショビショになりにいくことに。

午後7時頃に行ったので並ぶことなく入ることができました(大人1人$14.41)。

ここではカナダ滝を裏側から見ることができます。

↓デッキに出るとカナダ滝を真横から見られます。
Dsc03944

↓トンネルを通って…
Dsc03943

ぽっかり開いた駐車場の入り口みたいな穴から滝の裏側を見るのですが…

水と水しぶきしか見えず…

「風の洞窟」の衝撃があまりに強すぎたせいか、ちょっと物足りない感じ… 

だけどここでもやっぱりビショビショになったのですけどね(笑)

Dsc03945

お風呂に入って、ホテルで夕食を取った後はのんびりお散歩。

Dsc03993

よく濡れて、よく遊んだ1日目。

明日は部屋から朝日を見るため、頑張って早起きしちゃいます!

|

« Penn's Cave☆ | トップページ | ナイアガラの滝☆〜2日目〜日の出編 »

アメリカ観光」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナイアガラの滝☆〜1日目〜:

« Penn's Cave☆ | トップページ | ナイアガラの滝☆〜2日目〜日の出編 »